バイオマス発電総合補償プラン

再生可能エネルギーの普及を
支援する総合補償プラン!

  • 財物損害
  • 財物損害等による利益損失
  • 第三者への賠償責任
  • 輸送中の貨物損害

バイオマス発電総合補償プランの必要性

バイオマス発電は、気象状況に左右される太陽光や風力に比べ、安定的な発電が見込めるだけでなく、地球温暖化対策、循環型社会の構築、林業の活性化と地方創生等に資するエネルギーとして注目を集めています。資源エネルギー庁の統計データによると、導入容量・認定容量ともに、風力発電を上回り、太陽光発電に次ぐ規模に拡大しております。

そこで当社では、バイオマス発電事業者様に向けて、発言事業運営に関わるリスクに対する最良のソリューションとして「バイオマス発電総合補償プラン」をご提案申し上げます。

バイオマス発電設備を取り巻くリスク

火災・破裂・爆発

リスク事例
木質チップを保管するサイロで、チップの含水率が高く発酵して自然発火した結果、火災が発生した。
木質チップの粉砕機による摩擦で発火し、コンベアベルト、滑走台、配管に引火した。
廃棄物コンベア周りから出火し、接続している他のコンベアにも延焼した。
コンベアベルトで火花が発生し粉じん爆発した結果、火災が発生しサイロにも引火した。

落雷

リスク事例
落雷による過電流により監視装置が故障し、電力量計が焼損により使用不能となった。

風災・雹災・雪災

リスク事例
大雪により発電設備が損傷した。

水災

リスク事例
台風で上流の山から土砂や流木が流れ込み、発電設備が損傷した。
大雨により川が増水し、発電設備が浸水や水没被害を受けた。

電気的・機械的事故(※)

リスク事例
ボイラーに給水するボイラーフィードポンプにおいて、ポンプ内部の回転体部分のケーシング部分が異常接触により損傷した。
本プランでは原則として保険金のお支払いの対象外となります。補償をご希望の場合は、リスク状況の精査にご協力いただく必要があります。

船舶の沈没・座礁

リスク事例
発電燃料を積載した船舶が沈没、貨物が全損となった。

第三者への賠償責任

リスク事例
発電施設のボイラーの爆発で近隣施設が損壊し、損害賠償請求を受けた。
発電施設のPRのため見学者を受け入れたが、施設内で転倒し負傷した。安全対策が十分でなかったとして損害賠償請求を受けた。

バイオマス発電総合補償プランの特長

次世代を担う再生可能エネルギーの普及に貢献し、バイオマス発電事業を運営される皆さまを支援いたします。

特長 さまざまなリスクを
包括的に補償。

バイオマス発電事業を取り巻く様々なリスク(財物損害リスク、利益損失リスク、賠償責任リスク、発電燃料の輸送リスクなど)を包括的に補償します。

特長 ニーズに応じた
個別設計が可能。

ご契約いただく事業者様ごとに、補償する条件や保険金額等を個別に設計することが可能です。お客様ニーズにフィットする最適な補償プランを提供します。

特長 合理的な
保険料水準。

所定の項目に基づくリスク診断を行い、診断結果に応じた保険料を算出します。

バイオマス発電総合補償プランの補償内容

1. 財物損害

施設内に設置されたバイオマス発電設備一式を対象として、火災、落雷、風災、火災、水災等の事故による物的損害を補償します。

2. 財物損害等による利益損失

バイオマス発電設備が火災等の事故で物的損壊を受けたことによる喪失利益や収益減少防止費用を補償します。

3. 第三者への賠償責任

バイオマス発電設備の所有、使用または管理に起因して第三者に身体障害や財物損壊を与え、法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害を補償します。

4. 輸送中の貨物損害

発電燃料(木質チップ、パーム椰子殻等)の輸送中に生じた、火災・爆発、船舶の沈没・座礁、輸送用具の衝突、雨・淡水漏れによる損害等を補償します。

「バイオマス発電総合補償プラン」は、バイオマス発電設備を運営される皆さま抱えるリスクを包括的に補償するプランです。
補償プランのお引き受けの可否や引受条件は、個別に作成するヒアリングシートの結果等のリスク状況により異なります。

ご相談フォーム

ご担当者情報 全ての項目を入力してください。