法人のお客様/外航貨物海上保険:保険の概要



国際間輸送される貨物の輸送中のリスクを補償します。



保険の概要

国際間輸送される貨物の輸送中に発生する様々なリスクに関し、貿易を行うための基本となる売買契約に基づき、お客様が負担されるリスクをカバーするオーダーメイドタイプの保険です。


貿易取引と外航貨物海上保険

貿易取引条件
遠隔地間の取引である国際間売買においては、「商品の引き渡し場所はどこで」「売主と買主のどちらが船舶を手配して」「保険の手配はどちらがするか」を予め双方がきちんと確認しておく必要があり、これらを折り込んだ標準的な貿易取引条件に関するルールが定められています。代表的なルールとしては国際商業会議所のインコタームス(INCOTERMS)があり、以下の例のような標準的取引条件が決められています。 こうした貿易取引条件に従って外航貨物海上保険も手配されなくてはなりません。


貿易取引条件 売主 買主
FOB条件 船積み原価(COST)で売る 本船と保険の手配を行う
CFR条件 本船を手配し、船積み原価(COST)+運賃(FREIGHT)で売る 保険の手配を行う
CIF条件 本船、保険を手配し、船積み原価(COST)+運賃(FREIGHT)+保険料(INSURANCE)で売る 本船と保険の手配は必要ない

 ※インコタームスには上の例以外にも多様な取引条件が定められています。


信用状における保険条件の指定
貿易取引における代金の決済を円滑に行う方法として、買主の取引銀行が信用状(L/C)を発行する信用状取引があります。売買契約がCIF条件などの場合、信用状の中で船積み書類の一つとして、「保険証券」の提出を求められ、保険条件もここで指定されていますので、売主はこれに従った外航貨物海上保険を手配しなくてはなりません。










このホームページは保険の特徴を説明したものです。詳細はパンフレットをご覧ください。

引受保険会社:三井住友海上火災保険株式会社
B14-102430
使用期限2015年10月28日